ヨーグルトダイエットは痩せる?痩せない?効果を知りたい!

みなさん、ヨーグルトはお好きですか?

ヨーグルトと言えば…、乳酸菌・整腸作用・便秘改善!

価格も安く、どこででも手に入る。

ヨーグルトは私たちにとって、一番身近な健康食品と言えるかもしれません。

新しいものじゃないので、小さい頃から食べ慣れていますしね。

毎日欠かさないという女性も多いかと思います。

このヨーグルト、なんとダイエットにも効果があるって知っていましたか?

うーん、何となく結び付かない…。

乳製品のこってり感が脂肪分多めな気がするし、どちらかというとデザートのイメージもあるし…。

「ヨーグルトダイエット」本当に痩せるの?

 

 

 

スポンサーリンク

ヨーグルトのカロリー

ダイエット中であれば、カロリーは気になりますよね。

健康に良くて痩せると言われても、カロリーが高いものを摂り続けてしまっては元も子もないですし。

まず、ヨーグルトの種類から。

カロリーが最も抑えられているのは「プレーンヨーグルト」です。

加糖タイプや飲むヨーグルト系はもちろん砂糖などがプラスされているので、カロリーも増えます。

スーパーでよく見かける銘柄で、100グラム当たりのカロリーを見てみましょう。

 

○明治ブルガリアヨーグルトLB81プレーン…62kcal

○森永ビヒダスプレーンヨーグルト…65kcal

○雪印ナチュレ 恵 megumi(プレーン)…63kcal

 

普通のご飯一杯が約235kcal、6枚切りの食パンが大体150170kcal、牛乳コップ一杯が約135kcalですから、他の食品と比較すれば、それほど高くはないのではないでしょうか。

しかも100グラムって、あの四角いパッケージの1/4の量です。

意外と多い感じ。

例えば、お馴染みの4つのカップがくっ付いているダノンヨーグルトの「プレーン・加糖」は175グラム(カロリーは53kcal)。

このサイズ感で先述のプレーンヨーグルトを食べれば、さらにカロリーは抑えられます。

食べやすさも特徴ですが、あくまで一日の目安を100グラムほどに。

 

どうしてヨーグルトにダイエット効果があるの?

次に、ヨーグルトのダイエット効果に迫ります。

どうしてヨーグルトを食べることがダイエットになるのかというと、それは腸内環境が整うから。

ヨーグルトを食べることによって乳酸菌ビフィズス菌が体の中に入ります。

これらはいわゆる善玉菌なので、善玉菌が腸内に増えると腸の働きが高まり、悪玉菌が減ります。

悪玉菌はいわばダイエットの敵!

代謝を落としてしまう存在です。

その悪玉菌が減る=腸内環境が整うということは、代謝アップにつながります。

これがヨーグルトダイエットの軸とも言える仕組み。

ヨーグルトの善玉菌が、痩せやすい体を作ってくれるというワケです。

また、ヨーグルトにたっぷりと含まれるタンパク質も重要で、タンパク質も代謝アップに関係していますから、ダイエットに効果的とされています。

女性に不足しがちなカルシウムが豊富なのもうれしいポイント。

 

ホットヨーグルトでさらにダイエット効果プラス

そのまま食べても効果アリのヨーグルトですが、なんと温めることでさらにパワーアップするそう!

元々、ヨーグルトは体を冷やしやすい食品ではあるので、温かい状態で食べられるのであれば、ぜひそうしたいですね~。

冷えは痩せにくい体のもと。

体が冷えると代謝が落ちるのです。

巷で話題のホットヨーグルト、試してみてください。

作り方は簡単、100グラム前後のヨーグルトをレンジOKな容器に移し、フタをしないで600wで約1分チンするだけ。

大さじ一杯の水を加えるレシピもあるようです。

ヨーグルトはダイエットにぴったりな「低カロリーかつ栄養価の高い」食品であることが分かりました。

続けやすい方法でもあるので、ぜひ、身近なヨーグルトをダイエットに活用してみてはいかがでしょう?

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました