ヨガはダイエットに効果あり?効果なし?痩せる?痩せない? 

まだまだ続いていますね、ヨガブーム。 

日本のヨガ人口は未だに増えているそうです。 

「私、ヨガやってるんだ~」なんて世間話も、もう珍しくはありません。 

健康になりたい、キレイになりたい、心を落ち着けたい…。 

ヨガをする理由は人それぞれです。 

中にはダイエット目的で始める人も、一定数います。 

確かに、ヨガは汗をたくさんかくイメージがありますし、

ダイエットに効きそうですしね、わかりますよ。 

ところが実は、ヨガは痩せないんだとか。 

「えぇーっ、そうなの!?」とガッカリされたヨガ女子の皆さま、大丈夫です。 

全く効果がないワケじゃなさそうなんです。 

…結局、どっち? 

痩せたい女性が知っておくべき情報として、

ヨガはダイエットに効果アリ説と効果ナシ説、両方をまとめてみました。 

 

スポンサーリンク

ヨガはダイエットに効果アリ 

効果アリ派の主な意見としては

「痩せないのではなく、ヨガで痩せたという実感が少ないだけ」

「ヨガは痩せるのに時間がかかるから」

というものです。 

ちなみに、ホットヨガで汗をかいてすぐに体重が減るのは、ダイエットとは言えません。 

体から水分が抜けただけですので、簡単に元に戻ります。 

では、ヨガのダイエット効果は何か? 

それはずばり「痩せやすい体作り」です。 

ヨガによって体が痩せやすくなるとされる理由は、以下の通り。 

 

○インナーマッスルが鍛えられ、基礎代謝がアップする 

○ヨガ特有の深い呼吸によって、脂肪燃焼が促進される 

○冷えが改善される 

○老廃物が排出され、むくみが解消される 

○姿勢が良くなることで血流もよくなる 

○ストレスが軽減され、食べ過ぎを抑えることができる 

 

 

 

 

特に、ヨガのダイエット効果としてフィーチャーされることが多いのが

「基礎代謝がアップする」という効果です。 

なぜ基礎代謝がアップすると痩せやすくなるのかと言うと、

まず基礎代謝とは何もしていない時に

生命維持などのために消費されるエネルギーのことで、

このエネルギーの量が増えるということは

「何もしていなくても痩せる」ということになるから。 

何もしていなくても痩せる…すばらしい響きですね。 

基礎代謝をアップするには、筋肉量を増やすことが何より。 

その点、インナーマッスルを鍛えることができるヨガは、

基礎代謝アップにもってこいとされているのです。 

しかし、見ていただいて分かるように、どの理由にも即効性はありません。 

さらに、みるみる体重が落ちていくといった現象も起きません。 

あくまでもヨガはダイエットのサポート役と位置づけ、

その他のアプローチが重要となってきます。 

ヨガだけに頼って、普段の生活を顧みなければ、何の実感も得られないということ。 

これらをきちんと理解している人が

「あれ、痩せたかも」という感覚に辿り着けるワケです。 

 

ヨガはダイエットに効果ナシ

一方、効果ナシ派は、効果アリ派があげる理由を真っ向から否定しています。 

基礎代謝はむしろ下がるし、

痩せるには消費カロリーを上げなきゃいけないのに

ヨガで消費できるカロリーはほんの僅か、痩せるほどではない、とのこと。 

ただ「ヨガによってストレスが軽減され、ダイエットにつながる」

という効果については、ナシ派も同意しています。 

ここが重要。 

ナシ派はそもそもヨガを運動やエクササイズの一種とは思っていません。 

ヨガは「呼吸法」で、体ではなく、心を整えるためのものだからです。 

「ヨガによって心身ともに落ち着き、食欲をコントロールできるようになった」

ということであれば、ダイエット効果にもなるでしょう。 

しかし、痩せる理由として広まっているヨガの呼吸もポーズも、

本来は、深く瞑想するための手段です。 

ヨガの元々のスピリチュアルな部分に着目すれば、

痩せるかどうかという議論がいかに的外れであるかが分かります。 

まとめ 

要は、どんな気持ちでヨガに取り組むか、ですね。 

個人的には「ヨガでは痩せない」説はちょっと極端かなと思います。 

ヨガが心と体に良い影響を与えるのは本当でしょうし、心が整い、ポジティブな気持ちになれば、ふと痩せやすさを実感することもあると思うからです。 

まずは痩せることのみに執着せず、楽しく、ヨガの神秘に触れてみてください。



テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました