赤クマの原因とは?日常生活でできるセルフケアの方法

有名なクマには、青クマ、茶クマ、黒クマの3種類がありますが、目の下が赤くみえる赤クマという症状も存在します。

ここでは、そんな赤クマの原因と日常生活でできるセルフケアについてみていきましょう。

 

スポンサーリンク

赤クマの原因


赤クマの原因は青クマと同じ血行不良だといわれています。

目周りの血行が悪くなることで、静脈と動脈がうっ血し目の下の皮膚が赤くみえてしまうのです。

また、赤クマは老化による眼窩脂肪の突出が原因だともいわれています。

通常、眼球とそれを守る眼窩脂肪はロックウッド靭帯に支えられていますが、老化や目の駆使によって靭帯が衰えると眼窩脂肪が前にでてきてしまいます。

眼窩脂肪が突出すると筋肉が前に押し出され、血管が透けてみえることで皮膚に赤みを帯びてしまうのです。

あなたは大丈夫?赤クマのセルフチェック


赤クマは主に血行不良が原因で発症しますが、いったいどんな特徴があるのでしょうか?

以下に、赤クマのチェック項目をご用意しましたので判断の参考にしてみてください。

・クマが赤い
・眼の下の脂肪が前にでている
・パソコンやスマホの使用頻度が高い
・冷え性である

 

日常生活でできる赤クマのセルフケア

赤クマの原因が血行不良である場合、眼の疲れをとり血行をよくすることで症状を改善することができます。

ここでは、日常生活でできる赤クマのセルフケアをご紹介します。

 

十分な睡眠をとる

血液は睡眠時に体じゅうにめぐるため、睡眠不足が続くと血行が滞り赤クマの原因となります。

十分な睡眠を心がけ体の内側から赤クマを予防・改善していきましょう。

 

体をあたためる

赤クマができやすい人は、目の周りだけでなく体じゅうの血のめぐりが悪い傾向にあります。

血行不良は体を冷やすことによっておこるもの。

気温が低い冬場はもちろんのこと、夏にもクーラーなどによって体を冷やしてしまいがちです。

体が芯から冷えないように防寒対策をしっかりおこないましょう。

 

肩や首のコリを解消する

肩や首の血行が滞っていると、顔や目周りの血流が悪くなってしまいがちです。

デスクワークなどによる肩や首のコリは血行に悪影響を及ぼします。

こまめに首をまわしたりストレッチをおこなったりして血行が悪くならないように心がけましょう。

 

ホットタオルで目をあたためる

赤クマの改善には、ホットタオルで目をあたためるのが効果的です。

濡らしたタオルをレンジで30~40秒温め、目の周りを5~10分間あたためましょう。

目周りの血行がよくなることで赤クマを解消することができます。

 

病院での治療が必要な場合

赤クマの原因が靭帯の衰えによる眼窩脂肪の突出である場合、解消するためには余分な眼窩脂肪を除去する手術を受ける必要があります。

眼窩脂肪が突出しているとその下に影ができる黒クマの原因にもなりかねません。

クマの併発を起こしている可能性もあるので、いちど病院やクリニックを受診してみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

赤クマは主に目周りの血行不良が原因で発症します。

解消するためには十分な睡眠をとり、血のめぐりをよくするセルフケアを心がけましょう。

赤クマをつくる原因が眼窩脂肪の突出である場合、残念ながら自力では治すことができません。

根本から改善したい方は是非いちど病院を受診してみてください。


テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました