保湿ケアにプラス!頬のシワを改善するマッサージとエクササイズ

頬にできたシワは、ほうれい線とは異なり浅いシワであることから、セルフケアによる効果がでやすいといわれています。

紫外線対策や保湿ケアをおこなうことが第一ですが、マッサージやエクササイズを併用することで、さらなる改善効果を感じることができます。

ここでは、実際に頬のシワに効果的なマッサージとエクササイズについてご紹介します。 

 

 

スポンサーリンク

頬にシワができる原因 

頬のシワは表情筋の動きによってできた跡が、肌に残ることが原因でつくられます。

シワと密接に関係しているのが肌の乾燥。

ドライフルーツのように萎れてしまった肌は、シワができやすい状態です。

肌の乾燥を引き起こす原因としては、加齢、紫外線、空気の乾燥、間違ったスキンケアなどがあげられます。

特に中年期以降では肌機能が急激に衰え、細胞内のうるおい成分が減少してしまいがちです。

スキンケア製品を使用して肌の乾燥を防ぐことはもちろんのこと、マッサージやエクササイズで細胞のはたらきや血行を促進させることが症状の改善に繋がります。 

 

頬のシワを改善するマッサージ 

 

ここでは、頬のシワを改善するマッサージをご紹介します。

加齢によって滞ったリンパをほぐすようにして、血行を促進させていきましょう。 

 

1.親指と人差し指で頬を挟み、左右上下にゆらして筋肉をほぐします 

2.頬を挟んだまま耳の方向に滑らせて、リンパマッサージをします 

 

これを5回繰り返します。 

マッサージは血行を促進させたり、肌のターンオーバーを促してうるおい成分の産生を高めたりする効果がありますが、かえって肌を傷つけてシワを悪化させてしまうこともあります。

マッサージをするときは、肌に負担をかけないよう優しくおこなうように心がけましょう。 

 

 

 

 

頬のシワを防ぐエクササイズ 

 

お次は、頬のシワを防ぐエクササイズをご紹介します。

エクササイズはマッサージとは異なり、肌を外側から傷つけてしまうことがありません。

肌の新陳代謝を促して、シワのできにくい肌へと導きましょう。 

 

1.頬を思いっきり膨らませて10秒キープします 

2.右の頬を膨らませて5秒キープします 

3.左の頬を膨らませて5秒キープします 

4.口の上側を膨らませて5秒キープします

5.口の下側を膨らませて5秒キープします

6.唇を前に突き出して5秒キープします 

7.唇を突き出したまま頬を膨らませて5秒キープします 

 

これを3回繰り返します。 

 

こちらのエクササイズは、加齢によって衰えた顔の筋肉を鍛える効果もあるため、肌のたるみの改善も期待できます。 

 

まとめ 

頬のシワを改善するためには、まずは保湿ケアをしっかりとおこない肌にうるおいを与えることが大切です。

マッサージやエクササイズは、肌の細胞を活性化したり血行をよくしたりする作用があるため、体の内側からシワを改善する効果が期待できます。

ぜひ、お風呂上や就寝前の習慣として取り入れて、シワのない若々しい肌を手に入れてください。 


テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました