洗顔で乾燥させない!洗顔の正しいやり方 

肌を清潔に保つために洗顔はとても重要ですが、

間違った方法では逆に肌を乾燥させてしまいます。

洗顔の方法って誰かに教えてもらったわけではなく、

何となく自己流で行っている人がほとんどだと思います。

そのため、間違った洗顔方法を何年も 続けているということも…。 

 

今回は、乾燥させない洗顔の正しいやり方についてご紹介していきます。 

 

スポンサーリンク

なぜ洗顔をしないといけないの? 

 

そもそもなぜ私たちは洗顔をしなくてはいけないのでしょうか。

人間の肌には自ら美しくなる力が備わっていますが、

唯一自分の力ではできないことが「汚れを落とす」という作業です。

しかし、メイクをしたり、ホコリや花粉、過剰な皮脂など

日々たくさんの汚れが肌には残っています。

そのため、私たちは洗顔をすることで肌を清潔に保つ必要があるのです。 

 

洗顔後の肌は誰でも乾燥する 

 

洗顔をすると肌に不要な汚れはもちろんのこと、

必要な皮脂も洗い流してしまいます。

洗顔後は肌がすっきりするというのはこういう理由があるからです。

しかし、健康な肌であればすぐに皮脂が分泌されるので問題はありません。

(洗顔をせずに汚れを残したままの方が問題ありですから…) 

 

つまり、どんな人でも洗顔後は一時的に乾燥した状態になるということです。 

 

肌の水分や油分の量というのは年齢や肌状態によって少なくなるものなので、

間違った洗顔方法で肌の乾燥を進めてしまうことは

肌トラブルを増やしてしまうことにつながります。 

 

正しい洗顔方法とは? 

 

洗顔の時に大切なのは、

「肌をできるだけ乾燥させないこと」と「摩擦を与えないこと」の2点です。

肌はとてもデリケートなのでゴシゴシを摩擦を与えることは

肌にダメージを与えているのと同じことなので、摩擦は絶対にNGです。 

 

正しい洗顔方法のポイント

 

1)洗顔料をしっかり泡立てる 

 

洗顔料の泡立ちが弱いと泡がすぐにヘタってしまうため、

汚れをしっかり取り除けないだけではなく、

指でゴシゴシと肌をこすってしまうことになります。

しっかりと弾力のある泡を作っておくことで、

肌と指の間に泡のクッションが作られ、

摩擦を軽減させることができます。

洗顔料を泡立てることが苦手という人は

洗顔ネットや洗顔スポンジを使うと簡単に弾力のある泡を作ることができるのでおすすめです。 

2)ぬるま湯で洗う  

 

洗顔料を洗い流す時は、水でも熱いお湯でもなく

「ぬるま湯」で洗い流すようにしましょう。

水では汚れをきちんと洗い流すことができないので

洗顔の意味がなくなりますし、暑すぎるお湯は

肌に必要な皮脂までごっそり取り除いてしまうため

乾燥を進めてしまいます。

このデメリットを補うのが「ぬるま湯」なのです。

ぬるま湯とは、30~38度と定義されていますが、

感覚として「冷たいお湯」がぬるま湯だと覚えておきましょう。 

 

正しい洗顔方法で美肌をキープしよう 

 

美肌にとって肌を清潔に保つことはとても大切なので、洗顔をしないというのはリスクがあります。正しい洗顔方法を行い、いつまでも若々しい美肌をキープしましょう。 


テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました