朝は洗顔しなくていい!?朝洗顔の意味とは?

朝は洗顔しない方が肌に良い」という美容法を聞いたことがある人も多いと思います。

肌状態によっては正解ですが、この美容法は自分の肌状態や季節などを考慮して行わないと、逆に肌にダメージを与えてしまう美容法だということはご存知でしょうか?

 

今回は、朝に洗顔する意味やどのような肌状態、季節に行うのが良いのかをご紹介していきます。

スポンサーリンク

朝に洗顔をする意味

私たちは寝ている間にも汗や皮脂を排出しています。

さらに、部屋のホコリ、寝具のダニやその死骸など朝の肌は自分で思っている以上に様々な汚れが付着しています。

肌に残っている皮脂は時間が経過すると酸化し、肌細胞にダメージを与えます。

ホコリやダニは肌の角質・皮脂などと混ざりあうとニキビや吹き出物の原因にもなります。

さらに、汚れが付着した状態のままメイクをすると1日中汚れを肌に密着させているのと同じことです。

 

朝に洗顔するのは、こういった汚れを洗い流して肌を清潔に保つという理由があるのです。

 

朝に洗顔しない方がいい場合とは?

洗顔をするとどんな人でも一時的に肌は乾燥します。

健康な肌の人であればすぐに元の肌状態に戻るので問題ないのですが、普段から乾燥に悩まされている人や極度の敏感肌の人の場合は洗顔の回数を増やすことが肌にとっては負担になることがあります。

そんな場合は朝に洗顔料を使ってしっかり洗顔をすることは避けた方がいいといえます。

しかし、朝に洗顔をしなくても良いというわけではないので、ぬるま湯で数回顔をすすぐ「ぬるま湯洗顔」は行うようにしましょう。

 

また、秋冬といった寒い時期は春夏に比べて皮脂の分泌量はそこまで多くないため、朝に洗顔料を使ってしっかり洗顔する必要もなくなります。

年齢を重ねて皮脂の分泌量が低下している人も同様です。

この場合も洗顔をしなくても良いというわけではないので、ぬるま湯洗顔は行いましょう。

 

朝洗顔は肌状態や季節に応じて行うのがベスト

肌を清潔に保つということは美肌にとってとても大切です。

そのため、洗顔をすることは必要不可欠なスキンケアなのですが、肌を乾燥させる要因になるのが洗顔だということを考えると、肌状態や季節に応じて洗顔方法を変えていくとより良いということになります。

 

普通肌混合肌、脂性肌といった皮脂の分泌量が十分にある場合、10代や20代で皮脂の分泌量が低下していない場合、春夏など温かい季節など、寝ている間に分泌される汗や皮脂の量に応じて朝に洗顔するかどうかを自分の肌と相談しながら変えていくのが美肌をキープするポイントです。

 

しかしながら、どんな時でも「洗顔をしなくても良い」ということはないので、洗顔料を使わない場合でもぬるま湯洗顔で肌を清潔にしておくようにしましょう。

 

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました