サプリメントから鉄分を上手に摂取する方法!

最近疲れやすいな〜と思うことありませんか?もしかするとそれ鉄分不足かもしれません。

鉄分不足は貧血のイメージがありますが、日常のだるさや倦怠感なども鉄分不足により引き起こされます。

現代人はストレスも多く男女ともに「かくれ貧血」になりやすいと言われています。

ここではサプリメントを上手に活用し、鉄分不足を解消する方法を紹介したいと思います。

 

サプリメントの種類

サプリメントで鉄分を補うため、どの商品がいいか検索をしたときなど「ヘム鉄」と記載されている商品をみかけませんか?

鉄分のサプリメントは、大きく分けて「ヘム鉄」「非ヘム鉄」があります。

ヘム鉄

動物性の食品、カツオやレバーなどに含まれるのがヘム鉄です。

ヘム鉄は非ヘム鉄に比べて5〜6倍の吸収率があるといいます。

ヘム鉄配合とパッケージに記載されていても、非ヘム鉄をヘム鉄より多く配合していることがあるので、原材料名や配合をしっかり確認してから購入するようにしましょう。

非ヘム鉄

植物性の食品、ほうれん草やヒジキなどに含まれるのが非ヘム鉄です。

材料一覧に、クエン酸鉄やビロリン酸鉄と表示されているものは、非ヘム鉄の商品です。

非ヘム鉄は取りすぎると胸焼けの原因になるので、注意しましょう。

 

サプリメントを購入する際は、原材料に使われている鉄がどちらなのか把握しておきましょう。鉄分の補給が目的の場合、吸収率のいいヘム鉄がオススメです。

 

効率よく鉄分をとるには

ヘム鉄の方が吸収率がいいからと、動物性の食品ばかり選ぶと食事のバランスが悪くなってしまいます。

いっしょに食べる食品を考えてあげれば、非ヘム鉄でも吸収率をあげることができます。

それは良質なタンパク質とビタミンCと一緒に食べることです。

タンパク質は魚やお肉から、ビタミンCはブロッコリー、キャベツなどの野菜に含まれるので、食事のバランスも悪くならず鉄分を摂取できます。

逆に気をつけて欲しいのが、食事中、食後のコーヒーや紅茶、緑茶の摂取です。

大量に摂取してしまうと鉄の吸収率が下がってしますので、避けましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?鉄は種類によって吸収率が数倍も変わってくるなんてびっくりですよね。

忙しくて鉄分やビタミンCを食事から補えない場合は、鉄の吸収をよくするためにビタミンCが含まれているサプリも販売されているので、そういう商品をうまく活用しましょう。

サプリメントは健康食品として販売されているので、副作用はおきにくいですが鉄分の取りすぎは体のダメージになるので、記載されている摂取量をしっかり守ることが大切です。

 

Volstar-Beyond(ヴォルスタービヨンド)

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました