フルーツは痩せる?甘いから太る?ダイエット効果について知りたい!

「結局、フルーツって、痩せるの痩せないの、どっちなの~!?」 

ダイエット女子たちの心の叫びが聞こえてくる感じです。 

フルーツはダイエットOKなのかNGなのか、本当にモヤモヤするんですよね。 

分かります、私もモヤッてます。 

ヘルシー&意識高めなイメージでフルーツメインの食事にしていたら、フルーツって甘いから太るらしいよ、と横槍を入れられて…。 

でも冷静に考えてみれば、甘いフルーツはやっぱりダイエット向きじゃないかも 

このモヤモヤを解消するべく、フルーツとダイエットアレコレまとめてみました。 

 

スポンサーリンク

フルーツは太る派の意見

フルーツでは痩せない、食べてもダイエットにならないという意見の人達のほとんどが、フルーツの果糖に注目しています。 

特に糖質制限をしているダイエッターさん達は、フルーツに対して厳しめ。 

果糖は糖分、糖は体内で余ると中性脂肪となる、とのこと。 

体重も体脂肪も増えちゃうってことですね。 

食べた直後の血糖値の急上昇も危険視されています。 

血糖値が急に上がれば、インスリンが分泌されて、結果的に脂肪分解の働きが抑制されてしまいますから。 

ところが…衝撃の事実が! 

 

果糖のヒミツ 

糖分だから太るとされている「果糖」。 

ところが、この果糖、構造的に、甘みの代表である砂糖主成分ショ糖」とは別物なのです。 

肥満の元になったり、血糖値を急激に上げたりするとされているのは「ショ糖」の方 

フルーツに含まれる割合で見てみると、大体、果糖60%に対してショ糖は40%ほど。 

甘いからというだけで、フルーツと砂糖を一緒くたに考えるのは見当違いということです。 

フルーツは甘いから太る、ダイエットの敵だとする説は…もしかすると、もうかなり古い考えかもしれません。 

現在は、果糖は代謝にインスリンを必要としないので、あまり血糖値を上げない糖分であることが分かっています。 

太るから控えたいと私たちが思っているのはお砂糖=ショ糖で、お砂糖の甘味とフルーツの甘さは違うもの。 

但し、摂りすぎはもちろんNGですよ。 

 

フルーツで痩せるためのルール

では、フルーツをどのようにダイエットに活用するといいのでしょうか? 

ポイントは「何を食べるか」と「いつ食べるか」です。 

まず、どのフルーツを食べるかについて。 

フルーツだからと言って何でもOKではないんですね~。 

 

痩せるフルーツとしてオススメされているもの

・グレープフルーツ 

キウイ 

イチゴ 

・スイカ 

・梨 

 

痩せるにはちょっと注意が必要とされているもの

・バナナ 

・リンゴ 

・パイナップル 

 

太りやすくもある、注意が必要なフルーツ達は、オススメフルーツとして紹介されていることも。 

朝バナナダイエットだって流行りましたよね? 

でも、他のフルーツに比べて糖質やカロリー高めだったりするので、食べ過ぎには注意してください、ということです。 

それと、加工されたものはダイエットには向きません。 

缶詰や市販のジュースは栄養価が低くなっていますし、たくさんの砂糖が加えられているからです。 

 

フルーツを食べるタイミング

次に、いつ食べるかについてですが、フルーツでダイエットをするなら、断然「朝」! 

朝フルーツは金、なんて言われていたりもします。 

朝フルーツダイエットの方法は簡単、いつもの朝食をフルーツに置き換えるだけ。 

摂取カロリーも抑えられる他、フルーツに含まれるカリウムや食物繊維がむくみ・便秘を解消、食物酵素も摂取できて、代謝アップにつながるそう。 

さすがは「金」といったところ、いいことづくめ! 

お手軽さもうれしいです。 

 

まとめ

いや~、モヤモヤがスッキリした感じです。 

お砂糖の甘さと一緒にしちゃうのは誤解、というのはダイエッターなら知っておかなきゃならないかも。 

女性にうれしい朝フルーツ、ぜひ習慣づけたいですね。 

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました