ダイエット中はアルコールOK?NG?お酒を楽しむためのコツ!

ダイエット中でも、アルコールを前にすることは多いのではないでしょうか?

会社の飲み会、ちょっとしたパーティ、女子会、もしくは家での晩酌などなど。

ふとお酒ってダイエットにOKだっけ?と思うこともあるはず。

もしくは「アルコール=太る」というイメージを持っている方も。

ビールっ腹、なんて言葉もありますし。

特に、糖質制限ダイエットをしている場合は、アルコールの摂取に敏感になりがちかもしれませんね。

 

ホントのところ、どうなの?

 

 

ガマンすればいいんだろうけど、ダイエット中のささやかな楽しみとしてお酒くらい嗜みたい…

 

そんなダイエッターの皆さまに、アルコールが太るのか太らないのか、白黒つけてみたいと思います!

 

スポンサーリンク

お酒は太る?ダイエットには不向き?

太るか、太らないか、はっきりとどちらかを選ばないといけないならば、アルコールは太ります。

なぜなら、アルコール自体にカロリーがあるからです。

アルコールによって体重が増えることはきちんと確認されています。

大体、アルコール1グラムあたり7kcal

ちょっと多めな感じですよね。

よく「アルコールのカロリーはエンプティカロリーである」と言われているのですが、これはカロリーがエンプティ=からっぽということではありませんので注意してください。

エンプティは栄養素のことで、エンプティカロリーとは「栄養素がほとんどないけどカロリーあり」なことを意味しています。

要するに、アルコールはどちらかと言うと栄養素低め・カロリーありってことですね。

 

アルコールは太る、でも太りにくいのナゾ

 

じゃあやっぱり我慢しなきゃ…

 

しかしこれも、ちょっと待った!です。

アルコールのカロリーは少し特殊。

実は、脂肪として体に溜まらないカロリーなのです。

アルコールは体に入るとすぐさま分解が始まります。

そして、そのカロリーは熱として分解されやすいので、余分なエネルギーとして残りません。

ここがポイント!

余ったエネルギーが脂肪となるため、エネルギーの余らないアルコールは脂肪が溜まりにくい、ということ。

お酒を飲むと、顔が赤くなったり火照った感じになったりするのは、肝臓で代謝が始まり、アルコールがエネルギーとして燃焼され、さらに熱として分解されている証拠です。

<アルコールにはカロリーがある、でも熱として分解されやすいカロリーなので脂肪として体に残りにくい>と覚えておきましょう。

 

飲む量、飲む種類に気を付けて

 

よかった~、これで心置きなくお酒を楽しめるわ~

 

はい、ここもちょっと待った!しておきます。

飲み過ぎは厳禁です。

いくらお酒のカロリーは脂肪になりにくいとは言え、量が多ければ、分解のスピードを上回り、脂肪として蓄えられてしまいます。

ちょこちょこ飲み過ぎも、チリツモで危ないですね。

それと、できればお酒の種類も気にかけてみて下さい。

以下のお酒が、糖質低めで太りにくいとされています。

   ウイスキー ○焼酎 ○ウォッカ ○辛口の赤ワイン

ビール・日本酒などの醸造酒は糖質高め、ウイスキー・焼酎などの蒸留酒は糖質低め>がキーワードです。

ダイエット中のお酒は、カロリーよりも糖質を気にした方がいいですよ。

ちなみにダントツで糖質ナンバーワンのお酒は、女性に人気の「梅酒」!

つい選びがちなかわいいカクテルも糖質高め、かつ甘くてたくさん飲んでしまいがちなので、要注意。

 

お酒にプラスアルファで気を付けたいこと

また、おつまみが高カロリーなものなら、どれだけお酒のことを気にしていても…元も子もないですね。

それと、あまり好みでないお酒を選ぶのもペースが落ちて、摂取量が減ります。

水かお茶などをチェイサーとして飲むのも、水分不足で代謝が落ちるのを予防できるので、かなりオススメ。

決して、ダイエット中はアルコール禁止なワケではありません。

量と種類を気にかける、おつまみにも気を遣う。

ちょっとしたコツで、上手にお酒と付き合っていけます。

 

レバリズム-L

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました