肉割れは消える?消えない?肉割れの原因を正しく知って、きちんと予防&対処しよう

日本全国、数多くのダイエット女子たちが恐れているもの…。 

それ「肉割れ」です。 

夏のプールや海水浴・バカンスに向けて意気揚々とダイエットに励み、何とかシェイプアップに成功したものの、鏡を見て「あれっ!?」。 

ショックですよね、太ももやお腹まわりに刻まれた、何本もの白い線。 

痩せたことにより、自分の体をよく見るようになって気付くパターンが多いようです。 

一体、肉割れとは何なのか? 

予防法はない? 

一度できてしまったらもう消えない? 

…などなど、ダイエット女子の大敵「肉割」について、まとめてみました。 

 

スポンサーリンク

肉割れとは? 

肉割れの原因は主に、急激な体型の変化とされています。 

急に太ったり、痩せてもリバウンドで戻ってしまったりと、いろいろなタイプの体型の変化が原因となるワケですね。 

そのメカニズムですが、まず人間の皮膚について説明をします。 

人間の皮膚は3層に分かれていて、肌の表面から「表皮」→「真皮」→「皮下組織」と重なっています。 

この真ん中の真皮は、表皮を支え、肌の弾力性を保つため、その大部分がコラーゲン繊維で構成されているのですが、実はこのコラーゲン繊維、横方向の力による伸縮性にはかなり弱いんです。 

横方向の力とはつまり、引っ張った時の力のこと。 

イメージしてみてください。 

伸縮性のないものを横に引っ張ったらどうなるか…。 

そう、急激な体型の変化が起こると、真皮は裂けてしまいます。 

そしてその裂けた傷を修復するべく、真皮はコラーゲンを増やし、補おうとします。 

これが肉割れの正体です。 

また、このメカニズムからも分かるように、肉割れができるのは体が太っていく過程にあります。 

しばしば、太っている状態から元に戻る際に肉割れができるという話を聞きますが、そうではありません。 

 

肉割れを予防するには 

原因が、皮膚が引っ張られて内側の真皮が裂けてしまうことなのであれば、一番の予防は「急激な体型の変化を起こさないこと」と言えます。 

ダイエットに励んでいるダイエッターさんには酷かもしれませんが「ダイエットしなきゃな~」と感じるくらいになっている時は、もうすでに肉割れのリスクが発生していると考えた方がいいですね。 

肉割れ防止のため、そして何より健康のため、常日頃から肥満には気を付けておくのがベストです。 

それと、もう一つの原因に「乾燥」があります。 

しっかり潤った肌よりも、乾燥肌の方が肉割れが起こりやすいことが分かっています。 

毎日のお風呂上がりの保湿は顔だけでなく首から下もきっちり! 

特に肉割れができやすい「お腹・太ももの裏・お尻・腰・背中・膝の裏・ふくらはぎ」を中心に、クリームやオイルで満遍なく保湿してください。 

 

まとめ

もし肉割れができてしまったら 残念ですが、完璧に消すことはできません。 

美容外科などで専門的な治療を受けたとしても、どれだけキレイになるかは肉割れの状態にもよります。 

自宅でのケアでは、跡を薄くするのも難しいですね。 

下手にマッサージなどで刺激してしまうと、ケガをいじると治りが遅くなるのと同じように悪化してしまいます。 

肉割れを見つけた、どうしても気になるという場合は、早めの受診をオススメします。 

ですので、予防がとにかく大切です。 

肉割れを作らないことが一番。 

体型維持と保湿で、肉割れ知らずな美ボディを手に入れましょう。 

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました