茶クマを隠すメイクと2種類の治療方法

茶クマは目元への色素沈着が原因でおこります。

茶クマを解消するためには肌の生まれ変わりを待つ必要があり、効果を感じるまでに最低でも1ヵ月間は要します。

また、肌機能の衰えによってターンオーバーがうまくいかないと、茶クマが残ってしまう可能性もあります。

茶クマの解消に即効性を求める方やセルフケアでは治らなかったという方は病院で治療を受けてみるのがいいでしょう。

ここでは、茶クマを隠すメイクと2種類の治療方法をご紹介します。

スポンサーリンク

茶クマの原因

茶クマは、目周りの皮膚をこすることによる摩擦が原因で発症します。

顔のパーツのなかでも目周りは特に皮膚が薄いため、日々の刺激の積み重ねによって徐々に茶色い色素が沈着してしまうのです。

茶クマは肌のターンオーバーを促すことが改善に繋がりますが、効果がでるまでに時間がかかってしまうため、セルフケアではなかなか満足できない人が多いようです。

 

 

茶クマを隠すメイク方法

病院を受診する場合にも、治療を受けるまでは茶クマと上手く付き合っていく必要があります。

ここでは、茶クマを目立たせなくするメイク方法をみていきましょう。

 

コンシーラー選びのポイント

 

1.リキッド・クリーム・筆ペンタイプのものを選ぶ

 

目周りの皮膚は薄くデリケートなつくりになっています。

目元のシワがよりにくいリキッドやクリーム、筆ペンタイプのものを使用しましょう。

 

2.イエロー系のものを選ぶ

 

茶クマを消すにはイエロー系のコンシーラーがおすすめです。

自分の肌よりも明るいものを使用すると逆に目立ってしまうため、肌と同じもしくは暗めの色を選ぶようにしましょう。

 

コンシーラーをつかったメイクの仕方

 

1.顔全体に下地を薄く塗ります

2.茶クマの部分にコンシーラーを薄く重ねます

3.指をつかってポンポンとコンシーラーをぼかしていきましょう

4.最後に余分な粉を落としたフェイスパウダーを馴染ませたら完成です

 

 

茶クマを解消する2種類の治療方法

 

茶クマは、肌のターンオーバーを促進することでメラニンを排出し、さらに新たなメラニンの生成を抑えることで改善することができます。

ここでは、茶クマを解消する2種類の治療方法についてみていきましょう。

 

塗り薬をした治療法

茶クマの治療にはハイドロキノンという塗り薬が使用されます。

色素沈着の原因となるメラニンの生成を抑制し茶クマを改善する効果が得られます。

 

レーザー治療

茶クマの主な治療法としては、レーザー治療があげられます。

肌に直接ねつ刺激を与えることで、肌細胞を活性化しターンオーバーを促すのです。

肌のうるおいを保つコラーゲンやエラスチンの生成量も増加するため、ハリツヤのある若々しい目元へと導いてくれます。

 

まとめ

茶クマはセルフケアの効果がなかなかでにくい症状です。

茶クマの病院での治療は、塗り薬やレーザーなどを使用した施術が一般的。

メスを使わないため比較的きがるに治療を受けることができるので、是非いちど病院で相談してみてはいかがでしょうか。

自分にあったクリニックや治療法を探して茶クマのない健康的な目元を手に入れましょう。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました