茶クマをつくる原因とは?今日からできるセルフケア

目をあたためるケアをしてもクマが治らないという方は、色素沈着が原因の茶クマなのかもしれません。

茶クマは日々の生活による色素沈着が原因のため、改善するためには時間を要するのが特徴的です。

ここではそんな茶クマをつくる原因と今日からできるセルフケアをご紹介します。

 

茶クマができる2つの原因

茶クマは目の下の皮膚に色素沈着がおきることによって発症します。

ここでは、そんな茶クマができる2つの原因を詳しくみていきましょう。

 

ゴシゴシと目をこする

茶クマの一番の原因は、ゴシゴシと目をこする行為です。

日常的にこするのはもちろんのこと、メイク落としや洗顔時の刺激も茶クマの原因となります。

 

紫外線による影響

紫外線をたくさん浴びると、皮膚のメラニンが過剰になり色素沈着がおこりやすくなります。

特に目元の皮膚は薄く紫外線による影響を受けやすいため茶色いクマが目立ってしまうのです。

 

 

茶クマのセルフチェック

クマにはさまざまな種類があり、改善するためには自分のクマにあった解消方法をおこなう必要があります。

以下に茶クマの診断ができる項目をご用意しましたので、セルフチェックをおこなってみてください。

 

・クマが茶色い

・紫外線を浴びる機会が多い

・よく目をこする

・メイク落としや洗顔時に目の周りをゴシゴシと洗っている

・目を下に引っ張ってもクマが薄くならない

 

 

今日からできる茶クマのセルフケア

 

茶クマを改善するためには、肌の生まれ変わりサイクルを促す必要があります。

ここでは、日々の生活にとりいれられる茶クマのセルフケアをご紹介します。

 

ターンオーバーを促すスキンケア

茶クマの改善には、ビタミンC誘導体を含むスキンケア製品がおすすめです。

ビタミンC誘導体は肌のターンオーバーを促し、色素沈着した肌を剥がしていく効果があります。

 

保湿ケア

目元の乾燥は肌のくすみの原因となります。

くすみは美容成分の浸透を妨げたり、ターンオーバーを遅延させたりする原因となるため、しっかり保湿をおこなうことが茶クマの改善に繋がります。

 

紫外線対策をおこなう

過度な紫外線は茶クマをつくる原因となります。

日焼け止めクリームや帽子、サングラスなどを使用して、メラニンによる色素沈着がおこらないよう心がけましょう。

 

メイク落としや洗顔方法を見直す

メイク落としや洗顔時の目元への刺激は色素沈着による茶クマの原因となります。

メイクを落とす際には汚れを浮かせるようにして洗い、洗顔にはモコモコの泡をつかってやさしく洗うよう心がけましょう。

 

まとめ

茶クマは目元をこすることによる摩擦や、過度な紫外線による色素沈着によって発症します。

改善するためには肌のターンオーバーを促すことが効果的ですが、肌の生まれ変わりには28日間必要となるため、セルフケアを根気よくおこなう必要があります。

日々の生活にセルフケアをとりいれて徐々に茶クマを改善していけるといいですね。

薬用シミトリー

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました