黒クマをつくる原因とは?見分け方とセルフケアの方法

黒クマは影クマとも呼ばれ、目の下に影ができて黒くみえる症状のことをいいます。

病院での治療をおこなうほか根本から治す方法はありませんが、日々のセルフケアによって症状を改善することは可能です。

ここではそんな黒クマの見分け方とセルフケアの方法をご紹介します。

 

スポンサーリンク

黒クマができる原因

黒クマは目の下の「眼窩脂肪」という脂肪が膨らむことにより、目の下に影ができる症状のことをいいます。

根本から治療するためには眼窩脂肪を取り除く必要があるため、セルフケアでは完治させることができないのが特徴です。

しかし、目元のたるみや筋肉の衰えは黒クマを悪化させる原因となるため、アンチエイジングや血行を促進させることで症状をやわらげることができます。

 

 

黒クマの見分け方

根本治療が難しい黒クマですが、いったいどのような特徴があるのでしょうか?

以下に黒クマの診断ができる項目をご用意しましたので、是非セルフチェックをおこなってみてください。

・クマが黒い

・目の下が膨らんで影ができている

・横にひっぱるとクマが目立たなくなる

・肌がたるんでいる

・むくみがあるとクマが目立つ

・コンシーラーでクマが隠れない

・鏡をみながら顔をあげるとクマがうすくなる

 

 

黒クマを改善するセルフケア

黒クマは眼窩脂肪が直接的な原因となるため、セルフケアでは根本的な治療をおこなうことができません。

しかしながら、目元のたるみや筋肉の衰えは黒クマを悪化させている可能性があるため、エイジングケアをおこなうことが黒クマの改善に繋がります。

黒クマに効果的なセルフケアには以下のようなものがあげられます。

 

ホットタオルで目の周りをあたためる

濡らしたタオルを電子レンジで30~60秒ほどあたため目の上にのせます。

目周りの血行を促すことで目元の若返り効果を期待することができます

 

目周りのストレッチやマッサージをおこなう

ストレッチをおこなって内側から目周りの筋肉を鍛えることで、目のたるみやシワをおさえることができます。

マッサージは血行を促進し肌機能をアップさせることができますが、目周りの皮膚に刺激を与えかえってシワをつくらないよう注意してください。

 

保湿・美容成分をたくさん含んだスキンケア製品を使用する

肌のエイジングケアには、保湿・美容成分をたくさん含んだスキンケア製品の使用が効果的です。

自分の肌に足りない成分を外側から補うことで、ハリツヤのある肌をとりもどすことができます。

また、目の下のケアには目元専用クリームもおすすめです。

皮膚が薄い目元にあった美容成分が含まれているため、目元にうるおいをとりもどす集中ケアをおこなうことができます。

 

 

まとめ

黒クマはセルフケアによって症状をやわらげることができますが、根本的に治したい場合は病院での施術が必要になります。

セルフケアをおこなっても症状が気になるようであれば病院やクリニックで治療の相談してみてくださいね。

 

何歳からでも取り戻せる訴求

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました