糖質制限ダイエットのキホンのキ!気を付けたいこと

糖質制限はもうすっかりポピュラーなダイエット法になりましたね。 

痩せたい願望だけではなく、健康的な食生活にしたい人も

糖質制限に取り組んでいらっしゃると思います。 

毎日の食事から糖質をカットすればOK!

という分かりやすさ、始めやすさが人気の秘訣ではないでしょうか? 

しかし、長く続けるとともに、

ルールや線引きがなぁなぁになってきてしまうことも多いはず。 

もしくは、効果を追求しすぎるがあまりに

どんどん過激になってしまうことも。 

どちらも本来の糖質制限の効果を得ることが難しくなります。 

自分なりの付き合い方を見つけるのも大切ですが、

基本を忘れないことはさらに大切です。 

糖質制限の基本の「キ」を見直してみましょう。 

 

スポンサーリンク

食品に気を付けましょう

糖質制限とは、日々の食事において糖質を制限する食事療法のことです。 

糖質を制限すると体はいわゆるエネルギー不足状態になり、

新しいエネルギーを確保するべく、

溜まっているだけの余分な体脂肪を分解し、燃焼させます。 

また、糖質を制限することによって血糖値が安定するため、

インスリンの分泌が抑えられます。 

インスリンは血糖値を下げるために、

血液中の糖を脂肪細胞に送り込む働きをするホルモンです。 

このインスリンの分泌量が減るということは、

体に脂肪が溜め込まれなくなるということ。 

結果的にダイエットにつながっていく訳です。 

では、糖質制限の実践で、控えるべき食品は何でしょう? 

当たり前すぎますが、もちろん糖質を含む食品です。 

しかし気を付けてください、糖質=炭水化物ではありません。 

多くの人が誤解をしていますが、

炭水化物には糖質の他に「食物繊維」も含まれます。 

なぜカットすべきものが、

炭水化物から食物繊維を除いた糖質のみになっているかと言うと、

食物繊維もカットしてしまうと体に悪影響だから。 

食物繊維不足は便秘や肌トラブルの元なので、

糖質制限中でも積極的に摂取しましょう。 

糖質低めで食物繊維たっぷりの食品なら、キノコ類がオススメです。 

また「糖質制限を実践するなら野菜中心の食生活に」

という発想にも落とし穴が…。 

実は野菜にも糖質高めのものがあるのです。 

主な「隠れ糖質」野菜は、

玉ねぎ・ニンジン・かぼちゃ・トマト・れんこん・ゴボウ。 

イモ系は明らかに糖質なことはわかるのですが、

玉ねぎやニンジンなんてしょっちゅう使いますし、衝撃ですよね。 

野菜なら何でもOK~、ではないことを覚えておいた方がよさそうです。 

当然、果糖が多く含まれるフルーツも摂りすぎに注意してください。 

 

やりすぎに気を付けましょう

糖質制限ダイエットのメリットの一つに、

リアルタイムで体重減少の実感が得やすいことがあります。 

しかしこれは「もっともっと」と、

制限をエスカレートさせてしまう可能性も持ち合わせている

ということでもあります。 

過剰な糖質制限は危険です。 

特に、全く糖質を摂取しないやり方は命にまで関わります。 

糖質は生命維持のために絶対欠かせない栄養素だからです。 

糖質制限のやりすぎは、重篤なカロリー不足、

栄養失調状態、筋力・体力・骨密度の低下を招く他、

おかず中心の食事から塩分やコレステロールの摂取が増え、

様々な生活習慣病にかかりやすくなるとも言われています。 

痩せる快感で正常な思考がマヒする前に、

生命を維持する栄養素が足りなくなった体がどうなるのか、

想像してみましょう。 

 まとめ

気を付けるべきことを気を付ければ、

糖質制限は健康法としてもダイエット法としても、とても優秀です。 

常に自分の体と向き合い、変化に敏感になっておくことが、

糖質制限とうまく付き合うコツだと思います。

ノンメタファイバー

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました