クマには3種類ある!タイプの見分け方と対策方法

クマには3種類あるとご存知でしょうか?

クマのタイプによって原因や対策方法はそれぞれ異なり、タイプにあったケアをおこなうことが改善への近道となります。

ここでは3つクマの見分け方と、それぞれの原因と対策方法をご紹介します。

 

スポンサーリンク

あなたはどのタイプ?3つのクマの見分け方

 3種類のクマにはそれぞれの特徴があります。

ここでは、タイプ別に特徴をまとめたので、自分はどれに当てはまるのかチェックしてみてください。

青クマ

・クマが青い

・目の下を引っ張るとクマが薄くなる

・目が疲れている

・寝不足が続いている

 

茶クマ

・クマが茶色い

・シミが多い

・よく目をこする

・目を下に引っ張ってもクマが薄くならない

 

黒クマ

・クマが黒い

・目の下にくぼみがある

・肌がたるんでいる

・むくみがあると目立つ

 

3つのクマの原因

3つのクマにはそれぞれ特徴がありますが、クマができてしまう原因は一体なんなのでしょうか?

ここでは、3つのクマができる原因をタイプ別にみていきましょう。

 

青クマの原因

青クマは、目の疲れや寝不足などによる血行不良が原因で発症します。

通常、血液の色は鮮やかな赤色をしていますが、血行が悪くなると血液中に酸素が足りなくなり、だんだんと黒ずんだ色になってしまうのです。

この血液が目元の血管を通ることで、皮膚を通して青黒さが目立つようになります。

 

茶クマの原因

茶クマは主に色素沈着が原因で発症します。

目をこすったり、メイクをゴジゴシ落としたりと、日常生活における目元の摩擦が積み重なることで茶色い色素が沈着してしまうのです。

 

黒クマの原因

黒クマは目元のたるみが原因で発症します。

たるみによって目の下にくぼみができ、それが影になって黒くみえてしまうのです。

 

3つの毛穴の対策方法

3つのクマの原因がわかったところで、お次は対策方法をご紹介します。

正しいケアを行って、クマ知らずの健康的な目元をめざしましょう。

 

青クマ毛穴

青クマは血行不良が原因のため、目周りのマッサージやホットアイマスクで温めるなどして、目元の血行をよくしてあげることが大切です。

また、睡眠不足は血行不良の原因となりますので、十分な睡眠時間をとるよう心がけましょう。

 

茶クマ毛穴

茶クマは摩擦により目元に色素が沈着している状態のため、肌の生まれ変わりを促す必要があります。

美白化粧品を使用したスキンケアを行い、ターンオーバーのサイクルを整えてあげましょう。

また、茶クマには紫外線によってできるシミも大敵です。

日焼け止めクリームなどを使用して紫外線から肌をしっかり守るよう心がけてください。

 

黒クマ毛穴

黒クマは肌機能の衰えによってできた目元のたるみが原因となります。

美容・保湿成分をたくさん含んだスキンケア製品を使用して、目元のエイジングケアをしっかりとおこなっていきましょう。

また、目元の筋肉の衰えもたるみの原因となります。

その場合、目周りの筋肉を動かす運動をとりいれることで黒ずみの改善がみられることでしょう。

 

まとめ

クマには3種類あり、原因と対策方法がそれぞれ異なります。

自分のクマを正しく判断し、クマ知らずの健康な目元を手に入れてください。

 

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました