食事を見直してアンチエイジング!

年齢とともに気になってくるのが「アンチエイジング」ではないでしょうか?

アンチエイジングは日本語では「抗老化」「抗加齢」といわれています。

化粧品を使い肌のエイジングケアをしている方も多いと思いますが、普段食べているものを意識することでアンチエイジングの効果を高めることができます。

ここでは、アンチエイジングにオススメな食べ物を紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

アンチエイジングを始める前に

アンチエイジングをするにしても、まず知っておいて欲しいことは人体を作る源になっている食事が大事な要素ということです。

実は満腹時のカロリーを100として、その70%程度に抑えた食事をすると老化速度が遅くなり寿命が延びるそうです。

食事をするときは満腹ではなく「腹七分目」を目安にしましょう。

 

老化の原因といわれる物質の「活性酸素」

「酸素」は人の体を作る上でなくてはならないものですが、人の体はその酸素を一定の割合で「活性酸素」にしてしまいます。

活性酸素が増加するのは、睡眠不足・ストレス・添加物の摂取などが原因になるそうです。

活性酸素が体内で大量に発生すると、健康な細胞に「酸化ストレス」を与えて老化が進行してしまいます。

そのため活性酸素が体内で増えすぎないようにすることが、アンチエイジングの基本になります。

抗酸化力の高い食べ物

体内で活性酸素が多くなりすぎないようにするには、抗酸化力の高い食材を食べる方法が効果的です。

ビタミンC

ブロッコリー・キャベツ・赤ピーマン・ゴーヤ(にがうり)・キウイフルーツ・いちご・柿

ビタミンE

アーモンドなどのナッツ類・植物油うなぎ・たらこをはじめとした魚介類・西洋かぼちゃ・アボカド

ポリフェノール

なす・カシス・ブドウ・緑茶・紅茶・ココア・チョコレート

抗酸化力の高い食材は意外と身近なものなので、日常に取り入れやすいのではないでしょうか。

アンチエイジングの為だけではなく、食事の見直しは健康づくりにも効果があるので積極的に取り組みたいですね。

 

まとめ

いかがでしたか?アンチエイジングは肌のたるみやハリがやはり気になるので、化粧品に注目しがちですが、肌を作っている体の内のケアも重要なので、体の内側からアプローチできる食事にもぜひ注目してみてください。

 

 

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました